私たちは日本の大麻文化を大切に思い、世界へ情報発信をしています。

大麻は、「麻」「ヘンプ」などの別称を持つ、アサ科の一年草です。

違法な薬物として認識されることが多いこの植物ですが、日本では、縄文時代の遺跡から大麻の種が見つかるなど、古来より生活に親しまれ、繊維を衣服や縄・釣糸・漁網に、種を食料に、茎を建材に、葉や根を薬用にと幅広い用途で利用してきました。主要な作物であった名残は、「麻」と名がつく多くの地名や人名にも残されています。

また、神道の世界では、その繊維を清めの道具として用い、伊勢神宮のお札は、現在も神宮大麻と呼ばれるなど、日本の伝統文化・生活文化と非常に密接な関わりを持つ「農作物」でした。しかし、工業化の波に乗り遅れたことや、法律の影響(現在、大麻の栽培には、都道府県知事が発行する大麻取扱者免許が必要です)、違法な薬物というイメージの固定化により、その価値や有用性は忘れ去られ、1950年には国内に約25.000件あった大麻農家が、現在は約40件にまで減少しています。

栃木は、陶酔作用がないよう改良された品種「とちぎしろ」の栽培を現在も続けており、国内生産の約90%を占める大麻の一大産地です。

大麻博物館では2001年の開館以来、栃木が誇るべき農作物「大麻」に関する様々な情報を発信しています。

 

Marijuana, also known as “Asa” or “hemp,” is an annual herb of the hemp family. The plant is often recognized as an illegal drug, but in Japan, it has been a familiar part of daily life since ancient times, as evidenced by the discovery of cannabis seeds in the remains of the Jomon period. The fiber was used for clothing, ropes, fishing lines, and fishing nets, the seeds for food, the stems for building materials, and the leaves and roots for medicinal purposes. The remnants of its use as a major crop can be found in the names of many places and people with the word “hemp” in their names. In the world of Shintoism, hemp fiber was used as a tool for purification, and even today, the bill at Ise Shrine is called Jingu-daima. However, the value and usefulness of marijuana has been forgotten due to the delay in the wave of industrialization, the influence of laws (currently, a license issued by the prefectural governor is required to grow marijuana), and the fixed image of marijuana as an illegal drug. The number of marijuana farmers in Japan has decreased from about 25,000 in 1950 to about 40 today. Tochigi is still cultivating Tochigi Shiro, a variety of marijuana that has been improved to have no euphoric effects, and is a major producer of marijuana, accounting for about 90% of domestic production. Since its opening in 2001, the Marijuana Museum has been providing a variety of information on marijuana, a crop that Tochigi should be proud of.

大麻博物館著書

日本人のための大麻の教科書(イーストプレス)

出版社 ‏ : ‎ イースト・プレス (2021/5/16)
発売日 ‏ : ‎ 2021/5/16
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 256ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4781619800
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4781619804

大麻という農作物 日本人の営みを支えてきた植物とその危機

出版社 ‏ : ‎ 大麻博物館; 第一版 (2017/1/17)
発売日 ‏ : ‎ 2017/1/17
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 108ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4909091009
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4909091000

麻の葉模様 なぜ、このデザインは八〇〇年もの間、日本人の感性に訴え続けているのか?

出版社 ‏ : ‎ 大麻博物館 (2019/2/8)
発売日 ‏ : ‎ 2019/2/8
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 138ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4909091017
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4909091017

大麻博物館 館長 高安淳一より

「え、大麻?」と当惑される方も多いと思います。大麻という植物は、実に様々な側面を持っています。

古来より、日本人の生活に密着した「農作物」であり、21世紀の現在も「神道の世界で欠かせない素材」であり、EUやカナダ・オーストラリアなどでは、生育時の環境負荷が非常に少ない「新たな資源」として、産業利用が急速な勢いで進んでいます。

近年は日本でも、単に「違法な薬物」ではないという認識が徐々に広まりつつあります。

が、一般的にはまだ大麻への偏見は根強く、また、その多様な側面についても、正確ではない情報が一人歩きしていたりします。

大麻博物館は、大麻の一大産地である栃木県の那須高原にある「私設」博物館です。

残念ながら、公設の博物館のような立派な施設ではありませんが、博物館を名乗る以上、信頼できる資料に基づいた「正確な情報」を提供し、大麻に関する誤解を少しでも解消できればと考えています。

 

J.Takayasu(Taima Hakubutsukan) message

“Oh, marijuana?” I’m sure many of you are puzzled. TAIMA is a plant that has many different aspects. In the 21st century, it is still an indispensable material in the world of Shintoism. In countries such as the EU, Canada, and Australia, industrial use of marijuana is rapidly progressing as a new resource that has a very low environmental impact when grown. In recent years, in Japan as well, there has been a gradual increase in awareness that it is not simply an “illegal drug. However, there is still a deep-rooted prejudice against cannabis in general, and inaccurate information about its various aspects is often left to chance. The Our cannabis museum is a “private” museum located in Nasu Kogen, Tochigi Prefecture, a major producer of cannabis. Unfortunately, it is not a magnificent facility like a public museum, but since we call ourselves a museum, we hope to provide accurate information based on reliable materials and clear up any misunderstandings about TAIMA.